薄毛とは

薄毛を見極めるポイント

薄毛とは

薄毛という言葉はよく耳にしますが、どのくらいの程度が薄毛で、どのくらいの程度がハゲで、またどのくらいなら薄毛ではないという判断がなされるのでしょうか。

そもそも薄毛とは、主に頭髪に対して使う言葉で、毛の生え方がまばらという非常にあいまいな言い方をします。

1つ興味深いものとして、アメリカの医学者ハミルトン氏によると、「ハゲの定義」とは「こめかみ上部の生え際が頭頂部と左右の耳たぶを結ぶ線より3cm以上後ろに後退している」というものだそうです。

となると薄毛とは、前から3cm以下の後退ということになるのでしょうか。

でも、つむじから薄くなっていく方もいらっしゃいますよね。

ですから、薄毛に関しては明確な定義がないと言えます。

ただ、見た目の印象として、頭皮が完全見える場合はハゲ、頭髪はあるものの薄く細いため、頭髪を透かして頭皮が見えている状態を薄毛として認識している方がほとんどではないでしょうか。

そのため、自分では薄毛と思っていても、人によっては違うと見られたりすることになるのです。

私は薄毛が気になりだして悩んでいたところ、抜け毛・薄毛予防【スカルプDの育毛トニック】 を使用してみました。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN